上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.25 キャラクター
あなたが紙とペンを持って あなただけの物語作ります
紡がれる走り書きの文字 構築されてく僕らの世界
その時 僕は初めて あなたによって生み出されました
存在は紙の中だけ それ以上でも以下でもない

あなたは紙に書き続けます 僕の名前は何ですか?
どんなことが好きなのですか? 見た目はどんな感じですか?
どんなことが好きで、見た目はどんなかんじ?
存在を濃くしてよ もっと僕が知りたい

紙の向こう 僕らが行けることのない世界に
僕らを生み出した あなたがそこで生きている
いつか あなたが 僕のこと忘れてしまっても
僕はいつまでも あなたを忘れないから

あなたはまだ書き続けます 僕の物語は続いていく
昨日は仲間が増えました 今日はとても…疲れました
今日はなんだか進むのが遅いですね 一体どんな悩みがあるのですか?

もうすぐ僕にある 役割が終わるのですね?
どうしてあなたがそんな哀しい顔をするの?
大丈夫だって僕は あなたが生み出したキャラクター
紙の中 文字の中 そこにしか存在しないから

ありがとう ごめんね 僕はここでいなくなる
しばらく何処かで のんびり休んでいるよ!
あなたにこんなにも 愛されていただなんで
知らずに 僕は…

僕が消えて物語は 小さな終わりを迎えました
紡がれた走り書きの文字 完成された僕らの世界
最後にあなたに一つだけ 伝えたいことがあります

「この世界の中で一番 あなたの事を想っています」



2009.10.22 Rail
さりげなく始めから決められてたみたいにレールの上を走る列車に乗り込む
窓の外から見えてる景色はなんにも変わらずただ通り過ぎてく
流れゆく景色は変わり映えもなく走る列車に合わせて流れるだけ
そんな景色に飽き飽きしてきて無理矢理途中下車しみせたものの……

変わらない風景 何もない現状 草木すら生えていない
一体全体 何がしたくて 俺はここにいる?

笑えない現実を目にして 掲げた理想はどこへ?
解決策も見つからないまま この場所に立ち尽くしている……

笑えなかった現実が 今では過去のものに
“机上の空論”だと笑われた理想が、叶えられてく

レールの上を走る列車の窓からは 移りゆく時と共に移ろう景色が見えている


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。